婚カツTOP > なぜ今婚活なのか?

なぜ今婚活なのか?

婚活という言葉自体は新しいものですが、要は結婚するために何かをするということですから、今さらという気がしないでもないですよね?では、なぜ今婚活をしなければいけないのか、その辺りを簡単に説明してみます。

最初にごく簡単に言えば、昔と比べて個人主義になり、独身者の周りの環境や結婚に対する価値観などが変わったことが大きな原因だと言われています。

つまり、昔なら結婚適齢期になれば親や親戚、果ては近所の世話焼きおばさんなんかが見合いの相手を勝手に紹介したり、そうでなくても顔を合わせれば「そろそろ結婚したら?」などと半ば口うるさく言われたものです。だから、どうしたって自然と結婚を意識しないといけなくなりますし、また社会的にも結婚しないと社会的に一人前と見られないとか、恥ずかしいとかいう時代でした。

しかしながら、今は核家族化した上、単身者の増加で社会コミュニティも縮小し、結婚しないからと言って口うるさく言われる相手もいなくなりましたし、30代で独身でも特に社会的におかしいと思われることもなくなりました。テレビでアラフォーやアラサーという言葉が話題になったことからもわかりますよね。

また、女性の社会進出により自立した独身女性が増えたことや、インターネットの普及により1人でお金を掛けずに楽しめる環境が出来上がったことから、独り暮らしの気ままなライフスタイルを結婚によって壊されたくないという考えが増え、晩婚化が進んでいるという現状もあります。


つまり、このような時代背景だから、自分から積極的に結婚を意識して相手を見つける努力(婚活)をしないと、なかなか結婚をするまでには辿り着かないということなんです。結構多いと思いますよ、独りが気楽で良いって思っている独身の男女は。

まあ、でも言葉は新しくなっても、結局やることは結婚したい相手を見つけるために何かをやるということですから、自分に合った婚活をやっていくのがいいのかもしれませんね。



スポンサードリンク